【ASMR作品紹介】純愛おま○こ当番 After【フォーリーサウンド】

純愛おま○こ当番 After【フォーリーサウンド】 逢坂成美

純愛おま○こ当番 After【フォーリーサウンド】

純愛おま○こ当番 After【フォーリーサウンド】

ダウナークールなおま○こ当番だったころより
ちょっと恋する少女になったおま○こ彼女。
そんな彼女を演じる「逢坂成美」さんの

「甘々ダウナーえろえろ吐息」
「恋人いちゃいちゃ好き好き囁き」
「アオハルテイストたっぷりボイス」

がアナタをたくさん幸せにします♪

今回も変わらずの超えちえち仕様!
前回に負けず劣らずエモ可愛い、純愛当番ちゃん!
おま○こ当番からおま○こ彼女になっても、ドスケベおま○こジュブナイルは健在です♪


作品紹介

□トラックリスト/フィニッシュタイム

track00_タイトルコール  (00:05)

track01_プール掃除とおま○こ彼女  (27:08)→フィニッシュ1回目[17:51]2回目[25:25]

track02_猫耳彼女と二人だけの文化祭準備 (28:06)→フィニッシュ1回目[18:35]2回目[26:37]

track03_新妻カンカクお目覚めえっち  (27:40)→フィニッシュ1回目[09:28]2回目[25:49]

track04_夏と花火と浴衣セックス (23:27)→フィニッシュ1回目[15:29]2回目[19:10]

track05_必ず、また。 (03:31)

track06_純愛おま○こ当番・卒業 (21:44)→フィニッシュ[19:29]

総収録時間 (約130分)

※フィニッシュタイムはおおよその指定となってます。誤差はご容赦くださいませ。


作品レビュー

君がこのレビューを見ている時、私はもうこの世にいないのだろう

君がこのレビューを見ているということは、私はもうこの世にいないのだろう。

まずは、今回の純愛ちゃんについてだ。私は前作も拝聴済みである。同士の方は純愛ちゃんのダウナーで淡々とした性格を覚えているだろう。
その思い込みが命取りだった。最初から最後まで甘々なのだ。糖度95%の暴力に私のちんちんが爆発し、絶命した。
残りの5%は何かって?涙だよ。聞けば涙の理由は分かる。

次にシナリオについてだ。今作は学園ラブコメの王道展開をこれでもかと踏襲している。「あぁ、こんな学園生活を送りたかった。マジで。」と本気で思う視聴者続出だろう。ラストがエモすぎる。聞き終わった後スタンディングオベーションしそうになった。スタンディングしてたのはちんちんだけど。そして私は、この青春×フェティシズム溢れるシナリオにより情緒が爆発し2度目の幸せな死を迎えた。なぜリア充を見て爆発するのが自分なのだ。解せん。

次にイラストだ。前作を購入している同士は、ぬこぷし先生の美麗なイラストに惹かれジャケ買いした人もいるだろう。私もだ。そして喜んでほしい。今作も良い。純愛ちゃんの笑顔がまぶしいんだ。早速PCの壁紙を今作のジャケットに変えた。これにより、私はPCを立ち上げるたびにおちんちんがイライラして爆発して死ぬことが確定した。

最後に、まだ本作品を聴いていない方へ。
気をつけろ。本作品は独り身には致死性が高すぎる。
私は視聴中、何度か絶命したが、成仏する前に最後の力を振り絞ってこのレビューを書いている。

いくら何でもハードル上げすぎかもしれんが、発売前から上がりまくっていたハードルを余裕で超えてきやがったんだ。大丈夫大丈夫。これくらい上げておけば、青春×フェティシズム様なら、更なる作品を生み出してくれることだろうよ。その時まで永い眠りにつかせてもらうよ。おやすみ。

2021年04月30日 Sunflower


甘くて切ないラストセックス

多言語作品が同時に多数配信されてこのシリーズのカリスマ的な人気を感じますね。前作を経ているせいか、二人の関係もかなり親密になっている印象。純愛ちゃんが彼氏に甘く、そして蠱惑的に迫りセックスで乱れちゃいます。

可愛らしい声でチンポとかピュッピュッとかの淫語を呟きまくられてそれだけで大興奮です。ラストトラックの思い出をなぞりながらのセックスはロマンティックで切なくて最高です。

純愛ちゃんの良い所はセックスを本当に心底楽しんでいるところですね。聴いているこちらにまで楽しさが伝わって来て癒しと興奮を同時に得られ、気持ちの良いフィニッシュを迎える事が出来ます。

フォーリーなSEが雰囲気満点でかつての学園生活を思い出しました。

2021年04月25日 Walter & Jess


至高の感動作

前作が「好きにしていいよ」って感じだったのに対し、今作はお互いに気持ちよくなるためのえっちをしていてえっちが過ぎる。濃厚なイチャラブに喘ぎ声もマシマシ、加えてアオハルによるバフが乗って、充足感で満たされる。そして最後のトラックでは、心の奥底から絞り出したような「大好き」がもうたまらなく愛おしい。心臓がキュッてなった。

一般的に見ればお互いに重く、ちょっとした共依存に近い。でもそう感じない、感じさせないような絶妙な関係。お互いにお互いのことしか見えていないことがわかっているからこその安心感、安定感があり、まさに「純愛」。

あれだけ売れた前作でさえこの作品の導入に過ぎないのだと思わせるほどの素晴らしい作品。とはいえ、前作の思い出、前作からの変化もこの作品の楽しめるポイントなので、ぜひ前作から聴いてほしい。

2021年05月05日 毎風



作品サンプル



コメント

タイトルとURLをコピーしました