【ASMR/作品紹介】あいべや 家出ギャルとエッチな同棲生活

あいべや 家出ギャルとエッチな同棲生活 Sugarette

あいべや 家出ギャルとエッチな同棲生活

あいべや 家出ギャルとエッチな同棲生活

サウンドデザイナーくらびすたがエディターを務める
イマーシブ《没入》オーディオドラマサークルSugaretteの音声作品第5弾!

バイノーラルマイク要らず! VR音響テクノロジを採用し、高いS/N比を実現しました。
第1期Sugaretteの集大成となるこの作品では、ライブラリ音源も録り下ろし音源も多めに追加。
他では味わえない体験をお約束いたします。

※作品の特性上、イヤホンを使用したリスニングを強くオススメいたします
※収録している音源は24ビット/48kHz WAVです

※音響効果制作にはKLV Canvasの音源パック「PALETTE」を使用しています
PALETTE 2018 https://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ239446.html
PALETTE 2019.1 https://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ270737.html
PALETTE 2020 https://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ300578.html
PALETTE 2021 1st mvt. https://www.dlsite.com/home/announce/=/product_id/RJ315693.html


作品紹介

あいべや 家出ギャルとエッチな同棲生活

「泊めてくれるお礼に良い事してあげよっか?」家出少女をかくまったアナタ。

「お兄さんは?シたくない?」
「……じゃあ。しよっか。セックス。」
「ベッド。横になって?」

積極的な彼女に懐かれ、タジタジになりながらもあま~いえっちに溺れていきます……。


香月 杏奈

からかい上手な小悪魔系ギャル。
見た目は派手だが、実はお嬢様育ちで偏差値の高い女子高に通っている。
自分の仕事を継がせようとする両親に、幼い頃より勉強や習い事を毎日のように強要されていた。
物心がつき、言いなりは嫌だと思うようになったことから、親に反発する気持ちで身なりを派手に変えていった。
そんな杏奈の弟は良心に従順で、成績も優秀である事から、次第に親の関心がそちらに向き始める。
杏奈はやがて叱られることもなくなり、今では完全に無関心・放置状態。
家に居場所がなくなっただけでなく、エスカレーター式のお嬢様学校でも見た目の派手さを理由に孤立してしまう。
今は夜の街をアテもなく徘徊しながら自分の居場所を探し、時には寂しさを紛らわす為に援交にも手を出している。


  • 宿代はフェラで(手コキ・フェラ/口内射精)26:52
  • 朝からいちゃいちゃ手コキ(乳首舐め・指舐め・乳首舐め手コキ)25:56
  • ギャルJKと初えっち(キス・ディープキス・キスしながら騎乗位)27:06
  • アイベヤ(キス・ディープキス・フェラ・耳舐め・キスしながら対面座位で中出し)24:06


作品レビュー

家出ギャルとイチャイチャ!

家出ギャルと終始イチャイチャしながら性活できるのが最高でした。
最初の方はイチャイチャしながらも、家に泊めて欲しいがために主人公に甘えてきたり、性的な事をしてる感が否めなかったのですが、一緒に暮らしていくうちに主人公を知っていき本当の意味?で主人公にイチャイチャ誘ってくるのがとてもかわいかったです。
これまでのあいべやシリーズは最初から恋仲だったりなので新鮮でしたがめちゃくちゃ良かったです!

2021年07月23日 名無しの音声作品好き


めっちゃ可愛い家出ギャル

家出ギャルと同棲生活・・・いいですね。シンプルで実にいい!

と、思いきや。
聴き始める前にちょっと待てよと、踏みとどまります。
作品紹介を読むと一番長い項目が「登場キャラクター」の紹介なんですよね。
そこには今作のヒロインである「香月 杏奈」が家出ギャルになったのか、援交に手を出しているのかが書かれています。ふむふむ、と熟読しておきます。

さて、ギャル作品といえばこの方、秋野かえでさんの演技がとても素晴らしい。
ただ、今作はギャル作品でも一味違っていました。

本番シーンでの喘ぎ声はもちろんですが、フェラチオのシーンは音も舐め方の表現がめちゃくちゃえっち。

さらにえっちだなと思ったのが指舐めと乳首舐め。本番やフェラチオの直接的な表現とは違ったエロさがそこにはありました。4トラック構成のなかで、2トラック目にこのシチュエーションを入れてくるところはさすがです。

このトラック2冒頭からしばらく続く家出ギャルの優しい話し方、感情がよく表れていてすごく好き。こんなトーンの秋野さんの演技、素敵です。
前述の「登場キャラクター」の紹介で「どうして家出ギャルになったのか」「どうして援交に手を出しているのか」を作品を聞く前に読んでおくと、この部分がより楽しめる、というわけでした。最初に読んでおいて良かった。
(この辺り、個人的には作中での自分語りとして、含ませても良かったかもと思います)

全体として2時間弱とコンパクト。
あまあまで可愛いギャルでありながら、ちょっとしたキャラクターの背景にちょっとした要素をプラスしたこういう作品、良いですね。
バイノーラル作品でありながら、一風変わった音響も楽しめました。

2021年07月22日 カナリアン



作品サンプル



コメント

タイトルとURLをコピーしました