【ASMR/作品紹介】イジワルであまあま~後輩彼女に手コキで愛される音声~

イジワルであまあま~後輩彼女に手コキで愛される音声~ いちのや

イジワルであまあま~後輩彼女に手コキで愛される音声~

イジワルであまあま~後輩彼女に手コキで愛される音声~


作品紹介

イジワルであまあま~後輩彼女に手コキで愛される音声~

イジワルであまあま~後輩彼女に手コキで愛されるお話~とのコラボ音声作品!
本番なし!手コキ&言葉責めのみ!

「せっかく家で彼女と二人きりなのに…」
「えっちしなくていいんですか…?」

「先輩の敏感なおちんちん…」
「また私がやさしくいじめてあげますから…」

「ほら…おちんちんも触ってほしそうにしてますよ…」
「ぬるぬるの指で弄られて、ぴゅっぴゅってしなくていいんですか…?」

後輩彼女に招かれて、デートの帰りに立ち寄った彼女の家。
いつも彼女に振り回されがちな関係をなんとかしたい!と思い
「セックスしたい」と打ち明けたものの…

「あははっ」
「だって先輩、挿入れただけで出しちゃうじゃないですかっ」
『い、いやっ』
『今日は大丈夫だからっ!!』

「…そんなに自信があるなら試してみましょうか」
『…えっ?』
「先輩には、一分間’ガマンして’もらいます」

* * *
・漫画のセリフに忠実!読みながら聴ける音声
・漫画の内容をボリュームアップして音声作品化!

こちらの2種類がついています!
オナホプレイもありのおまけ音声、C97で配布されたオナホプレイ漫画ペーパーや高画質イラストも特典として同梱!

漫画派の方も、音声作品単体で楽しみたい方にもおすすめです。


○ファイル形式
※本作品は、音声をバイノーラル形式で録音しております。
イヤホンおよびヘッドホンでのご視聴をお勧めいたします。

MP3 — 48kHz/320kbps
WAV — 48kHz/24bit

○特典同梱
・SEなし差分
・高画質ジャケットイラスト
・アルバムアートワークイラスト
・デスクトップイラスト
・C97で配布されたオナホプレイ漫画ペーパー


○クレジット
原作・ジャケットイラスト:葵井ちづる

音声作品シナリオ:4Dメガネ(防鯖潤滑剤)

ロゴ・ジャケットデザイン:みぎかたななめ

監修・CV:一之瀬りと

制作:いちのや


作品レビュー

すばらしいコラボでした

手コキのみ、本番なしっていうのがいいんですよ。

本番をさせてくれないのは、自分が早漏だからというみっともなさ、
手コキですらまともに我慢することができず、声をあげながら感じちゃう情けなさ。
先輩なのに、男なのに、後輩彼女に逆らえず、されるがままに与えられる快楽に負けちゃう。
でも雰囲気は甘々で…。そういうのが気持ちいいんですよね。
甘々な雰囲気の中で、ただひたすら、後輩彼女に手コキで意地悪されて、イかされちゃうのたまらなかったです。

そして、一之瀬りとさんの演技は、その甘々と意地悪の両立が完璧で、あの漫画の雰囲気が完全再現されているようですばらしかったです。
自分が意地悪で気持ち良くされちゃっているときに嬉しそうにしている様子なんかは特にそう感じました。

漫画のセリフに忠実版もすごかったです。これは新しい世界を見たような気がします。
マンガ読みながら聞くと、セリフごとの状況が示されていて距離感や体勢、表情など、実際にされている様子がわかるので、没入感がやばいです。
自分のみっともない様子とかもリアルに想像させられるので、そういった点でもよかったです。

2020年07月02日  わかば



是非漫画と一緒に。

コラボ先の漫画とあわせて購入させていただきました。
もはや意地悪後輩の代名詞と言っても過言ではないあの一之瀬りとさん演じる後輩彼女が手コキで連続で責めまくってくれます。
そしてイジワルしたあとはめちゃめちゃ甘やかしてくれてとても幸せ!
本番はなしで耳元で囁きながらしてくれるのがもうヤバい(語彙力
本編とは別に漫画を忠実に読み上げる音声もあるので漫画を読みながら聴くという事もでき、両方あわせることにより相乗効果で何倍も楽しめます。
もちろん漫画と音声、それぞれ単体でも素晴らしいですが漫画の方も一緒に購入することをオススメします。

2020年07月06日  まさ。


やっと「脳内再生」を頼らずに済む

話は昨年の冬に遡る。
C97時に葵井ちづる先生の同人誌を買い、あまりにも可愛すぎる後輩ちゃんの、あまりにもエロすぎる手コキに仰天しました。
そして、「意地悪の後輩ちゃん」と書いて「いちのせりと」と読むとすら思うほど、自分の中ではまさに一之瀬りとさんの声が脳内で再生されていた。

そして今この後輩ちゃんが本当に一之瀬りとさん本人が演じ、描き下ろしページによって再構成された原作を元に、この音声作品が発売された。どれほど嬉しいことか。

一之瀬りとさんと言えば生意気な後輩の演技が有名だが、この作品も例に漏れず、ヒロインの後輩ちゃん(実はしっかり名前があるが、それは原作も合わせて読んでからの楽しみ)は主人公をからかいながら、しかし愛情たっぷりの手コキをしてくれる。口はイジワルなものの、言葉の端々から、隠しきれない主人公への愛情が伝わる。
もちろん、伝家の宝刀「せんぱーい↑」もいっぱい聴ける。

音声単体でも十分楽しめるが、やはり同時に原作の漫画も一緒に読むのがオススメします。
逆に、音声を聞く前に先に漫画を読んでみましょう。本当に脳内で一之瀬りとさんの声が再生されます。賭けても良いですよ?

2020年07月01日  FRMK 



作品サンプル


コメント

タイトルとURLをコピーしました