【ASMR/作品紹介】しっかり者の妹と過ごす日常

【ASMR/作品紹介】しっかり者の妹と過ごす日常 妄想研究所

しっかり者の妹と過ごす日常

【ASMR/作品紹介】しっかり者の妹と過ごす日常

●妄想研究所十三作目「しっかり者の妹」スピンオフ番外編●

「しっかり者の妹シリーズ」でお馴染みの妹・優衣と過ごす何気ない日常を焦点に置いた作品です。

ただの普通の仲の良い兄妹は、普段どんなことをして過ごしているのか……
そんな他愛もない様子をお楽しみください。

●作品について●

本作は全編バイノーラル録音の音声作品です。
効果音・環境音を含めて、すべてバイノーラルマイクで収録しています。

また、スタジオ収録された音声にはリバーヴ効果を加えており、空気感を付けています。
スタジオ収録することによって生まれる音声の閉塞感や、
効果音との相違(別々の空間で録られたような感覚)を消してくれる効果があります。
普通のバイノーラル作品よりも現実的な音がしてきます。

また、本作には「SE無フォルダ」はついていません。
ご了承ください。


作品紹介

【ASMR/作品紹介】しっかり者の妹と過ごす日常

◆ASMRを重視した「料理パート」◆

きちんと料理もこなす優衣のお手伝いをします。
音声や効果音はバイノーラルマイクを使って収録していますが、
効果音に関してはASMRを重視して近距離での収録を行っています。
玉ねぎを切る、卵を割る、肉を焼く、etc……。


◆のんびりとした「遊戯パート」◆

特に展開はなく、淡々とドミノ倒しと将棋に興じます。
雑談も少なく、のんびりと時間が流れます。



◆癒し音声の定番「耳かきパート」◆

実際に膝枕の形で収録された音声は、定位が現実に則して真横から若干ズレています。
お腹を後頭部に感じれば、声は真横よりも若干後ろから。
お腹を前頭部に感じれば、声は真横よりも若干前から。
環境音だって、太腿に塞がれているほうの耳から聞こえる音は少し変わって聴こえるはずです。
梵天を使うときだって、耳の穴をふわふわが塞ぐからちょっとだけ変わる……はず。
シーンによって音声や効果音に変化をつけて、より現実的にしています。


◆特別篇「優衣と学ぶ『睡眠心理学』」◆

「しっかり者の妹シリーズ」の原点から『睡眠』のコンセプトを借りて作りました。
睡眠学という観点から、不眠について、そしてより良い入眠・安眠についてを学びます。
学術的・医学的に、入眠にとって何が正しくて、何が間違っているのか。
「優衣にご教授してもらって生活習慣を見直そう」というのがこのパートの趣旨です。
趣旨としては安眠音声というものではなく、あくまでも「学ぶ」ものなのでご注意を。

また、作中にも登場する『睡眠儀式』として、優衣が絵本の読み聞かせをしてくれます。
今回はグリム童話より「野ばら姫」を題材としました。
本を読むだけのシーンですので、こちらは安眠に使える……かも。


★注目ポイント★

優衣が教えてくれる睡眠学は、すべて学会で発表された論文を基に構築されたものです。
学術的にも正しいことを言っていますので、
本気で不眠に悩んでいる方は実際に参考にしてみてください。

なお、優衣の言っている内容を実践しなければならないという強迫観念には囚われないでください。
このトラックは、何度も聞いて内容を憶え、
「何が不眠に繋がるのか、どうすれば不眠を解消できるのか」を正しく理解することが目的です。

ちなみに……、参考にした論文は2000年代までのものと少々古く、
現在は新たな定説が生まれてしまっているかもしれないことをご了承ください。

●トラックリスト●

01.料理「ハンバーグとアップルパイ」(01:03:12)
しっかり者らしく家事をこなす優衣と一緒に料理をしよう。
作るのは「ハンバーグ」と「アップルパイ」。
お味噌汁は昨日の余りを使って、副菜は冷蔵庫にあるポテトサラダ。
煮沸の音は不思議と安心感があり、肉の焼ける音は食欲をそそります。

02.遊戯「ドミノ倒し」(04:31)
やる気のない優衣とのドミノ倒し。
終始地味。

03.遊戯「将棋」(17:51)
頭脳明晰な優衣が圧勝! と、思いきや……?

04.日常「耳かき」(29:47)
妹の添い寝に文句を言いつつ、自分は妹に耳かきのお願いをするダメ兄。
でも、人にしてもらうのって気持ちいいからやめられない、
自分でするより気持ちいいから、お願いするのをやめられない。

05.特別篇「優衣と学ぶ『睡眠心理学』」(30:10)
小難しい話は優衣の得意技。
「科学的根拠に基づく話なら私に任せて!」とばかりに饒舌な子。
たまには聞いてあげましょう。

合計 — 02:25:31



◆声の出演◆
優衣 … 森野めぐむ

◆表紙イラスト◆
ぽかちゅ


作品サンプル




コメント

タイトルとURLをコピーしました