【ASMR/作品紹介】小悪魔後輩JKに甘えた~い!童貞卒業委員会♪

C_Realization



小悪魔後輩JKに甘えた~い!童貞卒業委員会♪

小悪魔後輩JKに甘えた~い!童貞卒業委員会♪

小悪魔後輩JKに筆下ろしして貰っちゃいます!

全編96000Hz 24bit ハイレゾバイノーラル!
全編バイノーラル囁き耳舐め満載!
差分重複なし2時間6分の大ボリューム!!
左右同時囁き耳舐め展開あり!
童貞主人公が、小悪魔後輩●●に
筆下ろしして貰っちゃいます!

【童貞卒業委員会とは?】
少子高齢化や童貞率の上昇などへの対策として設置された、
女の子が童貞奪ってくれちゃう夢のような制度です♪



作品紹介

小悪魔後輩JKに甘えた~い!童貞卒業委員会♪

(1)主人公
完全インドア派で内気な草食系童貞男子です!
後輩●●のことが気になっていますが、
自分に全然自信がないため、(ホントは好かれてるのに)
全く脈なしだと考えています。
このままだと一生童貞だ~!と焦った主人公は、
童貞卒業委員会に頼ることを決めますが、
それを知った後輩●●が急きょ童貞卒業委員に立候補して…!?

(2)後輩●●
主人公とは対象的に快活な●●です!
以前から主人公とは親しい関係で、
小悪魔な性格で、オクテな性格の主人公を
からかうのが趣味♪
しかし本心では主人公のことが大好きで、
小悪魔な態度は照れ隠しだったりします♪
大好きな主人公の童貞を他人に奪われることを恐れて、
実はまだ処女なのにも関わらず、勇気を出して急きょ
童貞卒業委員に立候補することを決めました!
実は主人公と体の相性が抜群で、
激しく攻められるとイキまくっちゃいます♪


(1)囁き耳舐め手コキ(34分17秒)
童貞卒業委員会を訪れた主人公!
お相手は小悪魔チックな後輩●●!
『先輩ったら童貞なんですかぁ~?はっずかしいですねぇ~♪』
などと童貞ネタでイジりつつも、
囁き耳舐め手コキでリードしてくれる後輩●●♪
最後はカウントダウン射精でフィニッシュです!!

(2)囁き耳舐め童貞卒業セックス(33分59秒)
後輩●●にリードされて、いよいよ童貞卒業セックスへ!
だけど入れた瞬間に中出し射精してしまう主人公…
『先輩ったら早漏ですねぇ~♪』と
からかっていた後輩●●でしたが、
主人公がガチ凹みしているのに気づくと、
優しく抱き締めて慰めてくれます♪
そのまま抜かずの2回戦へ!
甘い喘ぎ吐息と耳舐めで責められながら、
たっぷり中出ししちゃいます♪

(3)囁き耳舐め後輩●●連続絶頂セックス(30分39秒)
連続中出し射精しても、全く萎えない絶倫主人公!!
それまでとは一転して、後輩●●をチ○ポでじゅぽじゅぽ攻めちゃいます♪
実は体の相性最高だった後輩●●、
たまらず人生初の絶頂体験しちゃいます♪
そのまま何度も我を忘れるまで連続絶頂しちゃう後輩●●、
イキまくり中出し受精おねだりしながらフィニッシュです!!

(4)ダブル囁き耳舐めオナニー(24分45秒)
セックスで疲れて眠ってしまった主人公。
目を覚ますと、なんと後輩●●が2人になっていた!?
さっき何度もイカせてくれた仕返しに、
左右同時囁き耳舐めで翻弄されつつ、
恥ずかしいオナニーさせられちゃう!
さっきの仕返しと言わんばかりに、
恥ずかしいおねだりを言わされちゃったり…!
でも最後は甘々で、優しくリードされながら
手コキ囁き耳舐めカウントダウン射精しちゃいます♪

(5)エピローグ(2分35秒)
今度こそ目を覚ました主人公。
傍らには後輩●●♪
これからは恋人同士として付き合っていきましょうね♪
寝起きセックスに突入しつつハッピーEND!


【クレジット】
製作:C_Realization
(サークルリアライゼーション)
CV:一之瀬りと様
イラスト:九童まいむ様
シナリオ:えるむ様
企画・監修:我想春秋



作品レビュー

小悪魔だけど主人公大好きなヒロインちゃん

主人公の先輩に対して意地悪で小悪魔な態度を取る後輩ちゃんですが、
言動の端々から主人公への好意がにじみ出ていて、それが徐々に露わになってきて、
最後はラブラブな雰囲気で終わります!
意地悪されつつも愛されたい、そんな欲求を満たしてくれます。
バイノーラルの臨場感はかなりのもので、特に耳舐めがとてもよかったです。
サンプルの音質が気に入ったのなら購入して損はないと思います!

Nyanko1993さん



ソフトM向けの可愛い小悪魔ヒロイン!

小悪魔キャラがヒロインでM向けなんですけど、愛情が感じられるので
ソフトM向けな感じですね!
一之瀬りとさんの後輩キャラは可愛らしくて好きです!
トラック4の左右ダブル囁き焦らし耳舐めが特に最高でした!

サラリーマン視野狭窄さん



作品サンプル





コメント

タイトルとURLをコピーしました